イメージ写真
ホームページ制作京都TOPサイトマップ

HTMLとは

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)のことで
html文章で使うプログラム言語のことです。

XHTMLとは

XHTMLとは(Extensible HyperText Markup Language)の略でWebページを記述するために
よく使われるHTMLを、XMLに適合するように定義し直したマークアップ言語のことです。

その他に文字列や画像をどの様に表示するかを決めるタグや、
属性(権限)を使用してホームページが作られます。

あまり難しく考えないで、文法のことだと思って頂けたら良いと思います。
ただ文法だからこそ正しく使わなければなりません。

皆様がご覧になっているホームページ、ブログ等は全てこれらで作られています。
コンピュータ画面の上の所のファイル(F)編集(E)表示(V)等のある部分の
表示(V)の所をクリックしてソース(C)をクリックすると、どの様に作られているか見ることができます。

現在Webの世界で使用されている各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体がWorld Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)略称W3Cと呼ばれています。 このW3Cに適合する様にホームページを作ることがSEO(検索エンジン適正化)に良いと云われています。

ホームページ作成ソフトで作っても適合しているとは限りません、またホームページ制作業者が作ったからといっても適合していない物も多々見受けられます。
少し手間が掛かりますが、お金お頂いて作るのなら正しく作るのが当然と考えております。

Copyright (C)ホームページ制作京都の(株)ワークスAll Rights Reserved.
京都、大阪、兵庫、滋賀が中心ですがその他の地域も制作しております